お金が必要なら夜のお仕事


他県の男性にも営業を!

私は、横浜にあるキャバクラでキャバ嬢として働いています。横浜は、歴史的建造物が数多く存在し、それを目的に訪れる観光客も大勢います。そのせいもあってか、私が働くキャバクラにも様々な地方からのお客さんがたくさん訪れます。指名客が来ないときなどは、フリーでそういったお客さんにつくのですが、他の地方のお客さんを接客する上で一番楽しいのは、方言です。お客さんからしてみると私たちもかなり方言があって訛りもあると思うんですが、方言って面白いですね。私が好きなのは、関西弁です。以前接客したお客さんが、若い男性でかなりのイケメンだったんですが、その人が関西弁だったんです。「自分可愛いな」とか言われて、キュンキュンしちゃいました。結構お金を落として行ってくれたので、旅行だから奮発したのかと思いましたが、後から連絡をとっていてわかったのは、IT関係の社長をしていてかなり高収入ということでした。横浜には出張でたまに訪れるみたいなので、またお店にも顔を出してくれるそうです。普段は観光客とは連絡先を交換しないんですが、イケメンの関西弁にノックアウトされて連絡先を交換しておいて良かったです。